11月研修会の報告

2017.11.20 更新

11月の研修会は、高齢者の看取りのケア~事例を通して~

という題で、済生会松山訪問看護ステーション 緩和ケア認定看護師 三浦雅美 さんと

宅老所あんき施設長 中矢氏 に講演をしていただきました。

中矢氏は、家族の不安に寄り添うことと各職種の連携が重要との事。

生前からのグリーフケアと称し家族も本人も思い残す事がないように

細かく情報提供し不安を軽減する。そのためには主治医他それぞれのサービスと

常に連携をとる事に尽きる。時に介護保険法では対応できないところも、あんき独自の

サービスで対応されているこの事。そうして初めて家族も看取る胆が据わるとの事。

その後の講義で三浦さんから前の事例を段階をおって看取りの基本知識と照らし

あわせ確認する形で話をして頂いた。看取りに関わった他の職員からも意見を出して頂き

大変有意義な研修でした。

 
 
 
コンテンツ
訪問看護とは
在宅医療推進事業
なでしこハウス
スタッフ紹介
所長挨拶
 
お問い合わせ
 
ページトップ
済生会松山 訪問看護ステーション

済生会松山 訪問看護ステーション
〒791-8026 愛媛県松山市山西町846-1
TEL:089-951-1335

事業所概要  プライバシーポリシー
Copyright© 2019 済生会松山訪問看護ステーション All Rights Reserved.