感動をありがとう

2018.02.23 更新

2018年2月、平昌オリンピックの真っ只中
テレビに釘付けの私である

メダル獲得数は冬のオリンピックでは過去最多となり
日本人選手の活躍に胸躍らされる毎日
メダルに届いた選手もそうでない選手も
それぞれの競技人生をかけ
さまざまな逆境を乗り越え
今現在を精一杯戦っている
その姿はどの選手も輝いている

その中で一番印象深く残っているのが
ノルディック複合個人ラージヒルの渡部暁斗選手
金メダル本命と期待されながらも5位に終わった
クロスカントリーで一人で風を受け
後ろからドイツの3選手に猛追されるレース展開
金メダルの期待を背に孤独に戦い、ゴールで力尽きてしまった
レース直後、冷静に結果を受け止め、次の団体でのメダル獲得を狙う姿勢は
自分の力をすべて出し切ったからこその姿だと感銘した

この2月は感動にあふれる月になった

by M.T

 
 
 
コンテンツ
訪問看護とは
在宅医療推進事業
なでしこハウス
スタッフ紹介
所長挨拶
 
お問い合わせ
 
ページトップ
済生会松山 訪問看護ステーション

済生会松山 訪問看護ステーション
〒791-8026 愛媛県松山市山西町846-1
TEL:089-951-1335

事業所概要  プライバシーポリシー
Copyright© 2019 済生会松山訪問看護ステーション All Rights Reserved.